協会について

NFD(公益社団法人日本フラワーデザイナー協会)とは

概要

公益社団法人日本フラワーデザイナー協会(略称:NFD)は1967年に設立され、1969年に文部省(現:文部科学省)の許可を受け社団法人となりました。その後2010年内閣府よりフラワーデザイナー組織として唯一の公益社団法人として認定されました。

目的

NFDではフラワーデザインの資格認定および登録を行うとともに、フラワーデザインの普及、広報を図り、日本の生活文化の向上に寄与することを目的として活動しています。

現在全国に53の支部を設け、会員数は約25,000名、約11,000名のNFD講師が在籍しています。また多くの講師や会員がレッスンプロ、フラワーショップほか花にかかわるさまざまな分野で活躍しています。

国内における各種事業とともに、国際的には世界31の国と地域のフラワーデザイナー組織によって運営されているWAFA(World Association of Floral Artists)に 1981年の設立準備時より参加し、設立発起団体として日本を代表して加盟しているのを初め、海外研修ツアー、トップデザイナーの招聘など海外との交流を積極的に行っています。

 

「国と特に密接な関係がある」公益法人への該当性について(公表)

平成26年4月1日

公益社団法人 日本フラワーデザイナー協会

 

当法人は、平成20年12月31日に施行された改正国家公務員法等の規定に関し、国家公務員であった者が法人の役員として再就職する場合に、事前に政府に届出をおこなうことが必要な「国と特に密接な関係がある法人」に該当しませんので、その旨公表いたします。

 

[本件連絡先]

電話    03-5420-8741

FAX    03-5420-8748

e-mail   nfd@nfd.or.jp

 

 

(参考)改正国家公務員法等の規定

  • ・国家公務員法(昭和22年法律第120号)第106条の24第1項第4号
  • ・独立行政法人通則法(平成11年法律第103号)第54条の2第1項において準用する国家公務員法第106条の24第1項第4号
  • ・職員の退職管理に関する政令(平成20年政令第389号)第32条
  • ・特定独立行政法人の役員の退職管理に関する政令(平成20年政令第390号)第18条
  • ・職員の退職管理に関する内閣府令(平成20年内閣府令第83号)第9条
  • ・特定独立行政法人の役員の退職管理に関する内閣府令(平成20年内閣府令第84号)第8条