三重県支部

お問い合わせ先

名前 西川 英子 電話 090-5624-0484
Email hanavira@hb.tp1.jp FAX 0596-58-6121
住所 〒519-0422 三重県度会郡玉城町小社曽根1159

イベント一覧

開催期間 支部名 イベント名/会場 参加費(円) 講師 詳細
2017/12/09
三重県 応援プロジェクト(交通遺児)
津市ふれあい会館
2000
開催期間 2017/12/09
時間 13:00~16:00
イベント名 応援プロジェクト(交通遺児)
会場 津市ふれあい会館
参加費(円) 2000
予定人数 25名
単位(支部単位) - 単位
講師
詳細 三重県産のバラを使用したクリスマスアレンジメント
特記事項 ※この事業は受講者に対しては支部単位が付与されません。
講習会管理ID Ksk-0053829
2017/11/12
三重県 秋期講習会
三重県総合文化センター(津市)
3500 柿本 亜矢
開催期間 2017/11/12
時間 13:00~16:30
イベント名 秋期講習会
会場 三重県総合文化センター(津市)
参加費(円) 3500
予定人数 80名
単位(支部単位) 5単位
講師 柿本 亜矢
詳細 ナチュラル シック ハンドメイドのクリスマス
特記事項
講習会管理ID Ksk-0052322
2017/06/03
三重県 平成28年度 三重県支部総会
三重県総合文化センター
なし
開催期間 2017/06/03
時間 12:45~16:45
イベント名 平成28年度 三重県支部総会
会場 三重県総合文化センター
参加費(円) なし
予定人数 100名
単位(支部単位) 5単位
講師
詳細
特記事項 ※支部総会は開催支部に所属している会員にのみ、単位が付与されます。ただし、付帯事業は所属支部以外の会員にも単位が付与されます。
講習会管理ID Ksk-0049624
2017/06/03
三重県 平成28年度 三重県支部総会(付帯事業)
三重県総合文化センター
3000 宮迫 真芳
開催期間 2017/06/03
時間 12:45~16:45
イベント名 平成28年度 三重県支部総会(付帯事業)
会場 三重県総合文化センター
参加費(円) 3000
予定人数 100名
単位(支部単位) 5単位
講師 宮迫 真芳
詳細 デモンストレーション
特記事項
講習会管理ID Ksk-0049625
2017/05/21
三重県 第23回みえ県民文化祭 総合フェスティバル
三重県総合文化センター
500
開催期間 2017/05/21
時間 10:00~16:00
イベント名 第23回みえ県民文化祭 総合フェスティバル
会場 三重県総合文化センター
参加費(円) 500
予定人数 38名
単位(支部単位) - 単位
講師
詳細 地産地消で三重県産のバラを使い、季節感のあるアレンジメントを楽しむ。
特記事項 ※この事業は受講者に対しては支部単位が付与されません。
講習会管理ID Ksk-0049735

最近の支部活動レポート

応援プロジェクト(交通遺児)

2017/12/09
津市ふれあい会館にて、交通遺児応援プロジェクト「クリスマスアレンジメント教室」を開催しました。
黄金ひば、モミ、コチアでクリスマスツリーをイメージして制作したベースに、チューリップ、カーネーション、バラ、ヒペリカム、スイートピーなど色とりどりの花々に小さなリンゴを添えて飾り付けました。
華やかで瑞々しいクリスマスツリーに仕上がり、参加者はとても歓声があがるほど嬉しそうでした。「こんな素敵なクリスマスのお花をお家に飾ることができて嬉しい」との声や、毎年参加されている方からは「このお花を作っている時間が潤いのある時間になり、いつも楽しみに参加しています」などの嬉しい言葉を頂き、参加者はアレンジしたお花を大切そうに抱えて帰路につきました。
記/西谷拓也
応援プロジェクト(交通遺児)

秋期講習会

2017/11/12
三重県総合文化センター(津市)にて秋期講習会をで開催致しました。柿本亜矢本部講師による指導のもと、「ナチュラル×シック×ハンドメイドのクリスマス」をテーマにデモンストレーションとクリスマスアレンジメントの制作を行いました。
デモンストレーションではブルーアイス、ミモザの葉、エアープランツなどを使ったクリスマスリースなどの作り方が披露されました。
アレンジメント制作では額縁の端材をボードに貼り付けてフレームを制作した後、アーティフィシャルフラワーのシルバーベリー、松かさ、バーグとバラ、ガーベラで立体感のあるクリスマスアレンジメントが完成しました。
普段使わない材料のせいか、参加者は試行錯誤しながら黙々と作業をしていましたが、素晴らしい作品が仕上がりました。
デザイン性の高いアレンジメント制作から、新しい発想や作り方を学べた、とても貴重な日になりました。
記/西谷拓也
秋期講習会