フラワーデザインの資格・検定

フラワーデザイナーの資格をとろう

 

今、花のデザインに関する資格は実に多くの種類があります。

 

民間主催の資格、厚生労働省認定の資格などがありますが、

フラワーデザイン団体の中で公益法人が認定している資格は

公益社団法人日本フラワーデザイナー協会(略称:NFD)の資格のみとなります。

 

NFDの資格は、合格するとそれぞれ3級、2級、1級とフラワーデザイナーとして認定が行われます。

北海道から沖縄まで全国約450校の公認校や、NFD講師がフラワーデザイナーを育成しています。

そして、全国約28,000名のフラワーデザイナーは、花店、アーティスト、レッスンプロ、交流、趣味などの分野で

楽しく学び、遊び、働くことで花と一緒の人生を選んでいます。

 

NFDの「フラワーデザイナー資格検定試験取得」の詳細については、メニューの『資格取得のステップ』をご覧ください。


フラワーデザイナー資格検定試験とは

NFDの「フラワーデザイナー資格検定試験」は昭和42年に始まり、45年以上の歴史があります。

花に親しみ、花を愛する人々にフラワーデザインを普及し、技術や知識の向上を目指しています。
お花の好きな方は、いつでも誰でも挑戦することが出来ます。

  • 3級フラワーデザイナーは、技術と知識の基礎を学ぶことが出来ます。
  • 2級フラワーデザイナーは、基礎の上に充分な技術と知識を身につけることが出来ます。
  • 1級フラワーデザイナーは、3級、2級で身につけた基礎から、自分で考え、作り出す力がついてくるレッスンを受け、受験にチャレンジします。
NFDの「フラワーデザイナー資格検定試験」は、花の「植生」を先ず第一に考えた試験です。
私たちの周りに自然に咲いている花をやさしく、テーブルの上で考え試験のテーマに取り入れています。