お問い合わせ先

氏名
目時 泰子
E-mail
mailiwate.nfd.sibu@gmail.com
電話
080-9629-2758080-9629-2758

イベント一覧

  • 開催期間
  • 支部名
  • イベント/会場
  • 参加費
  • 講師
  • 2019/12/01
  • 岩手県支部
  • クリスマス講習会
    岩手県公会堂(盛岡市) 26号室
  • -
  • 中村 良美
  • 2019/11/24
  • 岩手県支部
  • 花とのふれあい事業
    パルクアベニュー・カワトク(盛岡市) 7階ホール
  • -
  • 2019/06/02
  • 岩手県支部
  • 平成30年度 岩手県支部総会
    いわて県民情報交流センター(盛岡市) アイーナ
  • -
  • 2019/06/02
  • 岩手県支部
  • 平成30年度 岩手県支部総会(付帯事業)
    いわて県民情報交流センター(盛岡市) アイーナ
  • -
  • 松浦 義孝

イベントレポート

花とのふれあい事業
開催日:2019年11月24日

パルクアベニュー・カワトク(盛岡市)にて、花とのふれあい事業を開催しました。今年は盛岡中心部で親子を含む人を対象に、コニファーやガーベラ、カスミソウなどの生花と、電池で灯るキャンドルを使った、可愛らしいクリスマスアレンジメントを仕上げました。クリスマスの伝統的なカラーについてのレクチャーを聞きながら、蜜蝋シートを使用した星のオーナメントを飾るなど、楽しく制作している様子でした。家でキャンドルを灯すたびに、花とふれあう楽しい家族の時間になれる作品となりました。
記/田中亜子

クリスマス講習会
開催日:2019年12月01日

岩手県公会堂(盛岡市)にて、中村良美名誉本部講師を迎え、クリスマス講習会を開催しました。苔の種類や性質等のレクチャーを交えて「苔テラリウム」の制作を楽しみました。小さなボトルにクリスマスのワンシーンを作り、その小さな世界の可愛らしさと苔の美しさ、多様さに参加者からは驚きと感嘆の声が上がっていました。苔の管理の方法の質問もあり、講師の説明に熱心に耳を傾けていました。適切な管理で2~3年楽しめる苔テラリウム、継続して楽しめることも新鮮に感じました。家に持ち帰り、お世話をすることで、ますます愛着が湧きそうです。
記/田中亜子

平成30年度 岩手県支部総会(付帯事業)
開催日:2019年06月02日

いわて県民情報交流センター(盛岡市)アイーナにて、平成30年度岩手県支部総会及び付帯事業を開催しました。総会では、予算・決算の報告と審議事項の承認がされ、本部出向役員の井野口守政常任理事より本部施策説明がありました。
付帯事業では、松浦義孝本部講師を迎え、「素材を楽しむ」をテーマにデモンストレーションを行いました。素材や花材の色、質感の対比、あるいは調和によって様々な作品が完成していく様子に、参加者から感嘆の声が上がりました。また、珍しい花材についての質問や、アレンジメント制作する際のコツなど、参加者からの質問も多く、実りの多いひと時を過ごすことのできた1日でした。
記/田中亜子

お正月講習会
開催日:2018年12月02日

岩手県公会堂(盛岡市)にて小松弘典本部講師を迎え、お正月講習会を開催しました。雪がちらつく寒い日でしたが、花材を花束にまとめて固定する「パラレルシュトラウス」をテーマに、お正月ムードたっぷりの作品を制作しました。参加者は講師にコツを聞きながら熱心に取り組み、手際よく進めていきます。途中、講師の穏やかで温かい人柄が伝わってくるようなエピソードも交えながら、和やかな講習会となりました。
記/田中亜子

花とのふれあい事業
開催日:2018年11月17日

岩手県立花きセンター(胆沢郡)にて、花とのふれあい事業として、クリスマスのアレンジメント教室を開催しました。今年も一般の参加者だけでなく、親子で参加する人も多く、賑やかな会場となりました。子ども達は、ワクワクした様子で星を作ったり、姫リンゴやヒムロスギをお母さんに相談しながら配置しました。完成すると、作品に満足した様子で記念撮影。持ち帰ったアレンジメントで花の話をしながら家族で楽しいクリスマスを過ごせそうです。
記/澤藤恵美子

平成29年度 岩手県支部総会(付帯事業)
開催日:2018年06月10日

いわて県民情報交流センター(盛岡市)「アイーナ」にて、平成29年度岩手県支部総会及び付帯事業を開催しました。支部総会では、本部施策のDVD視聴後、本部出向役員の米川慶子常任理事より詳しい説明がありました。
付帯事業では、宮迫真芳本部講師を迎え、デモンストレーションを開催しました。「ボーダーレス」をテーマに、色彩、土台、様式、質感等それぞれの境界線を取り払った10点もの作品が披露されました。プリントされた花やハーバリウムで平面と立体の境を超えた作品や、さまざまな雑貨を使用したアッサンブラージュ等、既成概念を取りはらった作品に、参加者はボーダーレスへの理解を深めたようでした。また、講師の楽しいお話も含めて会場は和やかなひとときでした。
記/田中亜子