お問い合わせ先

氏名
山田 留美子
E-mail
maildououshibuchou@ezweb.ne.jp
電話
080-5725-3305080-5725-3305

イベント一覧

  • 開催期間
  • 支部名
  • イベント/会場
  • 参加費
  • 講師
  • 2019/11/10
  • 道央支部
  • 冬のアレンジメント講習会
    カナモトホール(札幌市民ホール)
  • -
  • 宮﨑 惠里子
  • 2019/05/26
  • 道央支部
  • 平成30年度 道央支部総会
    札幌市教育文化会館
  • -
  • 2019/05/26
  • 道央支部
  • 平成30年度 道央支部総会(付帯事業)
    札幌市教育文化会館
  • -
  • 神野 亜矢

イベントレポート

冬のアレンジメント講習会
開催日:2019年11月10日

カナモトホール(札幌市民ホール/札幌市)にて、ハンギングバスケットマスターの宮﨑惠里子氏を講師に迎え「冬のアレンジメント講習会」と題した「~暮らしを彩るリース作り~冬から春まで楽しめる葉牡丹のハンギングリースを制作する」 講習会を開催しました。ハンギングと聞くと“雪のない時期で楽しむもの”と思われがちですが、積雪寒冷地の北海道だからこそ経験できる、春まで楽しめるハンギングリース制作にチャレンジしました。土を使わず、また、葉牡丹も普段あまり目にすることのないミニサイズ等を使用し、講師指導のもと、次々とリースが完成しました。制作終了後、春まで楽しむための管理方法の講義もあり、受講者は熱心にメモを取っていました。
記/阿部眞理子

平成30年度 道央支部総会(付帯事業)
開催日:2019年05月26日

札幌市教育文化会館にて、平成30年度 道央支部総会及び付帯事業を開催しました。支部総会では、予算・決算の報告と審議事項の承認がされ、本部出向役員の林喜久江理事より本部施策説明があり、滞りなく終了しました。
付帯事業では、神野亜矢名誉本部講師を迎え「和装に合うブーケや髪飾りを盛り込んだ、今が旬の華やかなデザインのデモンストレーション」をテーマに、和のテイストをふんだんに取り入れた、繊細な作品が披露されました。また、参加者より多くの質問が寄せられ、 講師の丁寧な説明にうなずいていました。なお、デモ作品はチャリティーとして抽選を行い、希望者に届けられました。
北海道の5月にもかかわらず、真夏日という厳しい暑さの中、支部総会87名、付帯事業80名もの多くの参加により、無事に終了することができました。
記/ 阿部眞理子

冬のアレンジメント講習会
開催日:2018年12月09日

共同組合 札幌総合卸センター(札幌市)にて、君島信博氏(盆栽作家・盆栽アトリエ「草つ月(kusatuduki)」主宰)を迎え「冬のアレンジメント講習会」と題し「お正月に楽しむ 金柑(きんず)のミニ盆栽」 講習会を開催しました。

盆栽は、自然の風景をひとつの鉢などに再現する芸術で、その魅力的な講習内容に、開催前から「楽しみにしている」等と多くの反響が支部に寄せられておりました。

当日会場に展示された50年以上の時を経た講師の作品を前に、参加者は感心していました。制作終了後には、講師より盆栽を楽しむための管理の仕方のレクチャーがあり、たくさんの質問が寄せられ、参加者は熱心にメモを取っていました。

寒さが一段と厳しい日でしたが、多くの参加者が楽しんだ1日となりました。
記/阿部眞理子

花とのふれあい普及活動
開催日:2018年08月07日~2018年08月08日

丸井今井札幌本店(札幌市)にて、小学生を対象に、フラワーアレンジメント制作のワークショップを行い、180名もの人が体験しました。
はじめに、花材・資材等の取扱い等を判りやすく講義し、実技を開始。水を含ませた吸水性フォームを持った時の“重さ”に驚いたり、参考作品を確認しつつ参加者の作品を見比べ、同じ花材でも色々な作品の仕上がりとなることが興味深いようでした。参加者の満ち足りた笑顔が会場に広がっていました。
作品と感想の発表では、「嬉しかった」「楽しかった」「ちょっぴり失敗したとろは今度頑張る!」などの感想が寄せられました。初の試みの撮影ブースも盛況で幕を閉じました。
記/阿部眞理子

平成29年度 道央支部総会(付帯事業)
開催日:2018年06月03日

共同組合 札幌総合卸センター(札幌市)にて、平成29年度 道央支部総会及び付帯事業を開催しました。
支部総会では、本部施策説明のDVD視聴後、本部出向役員の井野口守政常任理事より詳しい説明が行われ、滞りなく終了しました。
付帯事業では、ガブリエレ・ワーグナー久保氏を迎え「ナチュラルなウエディングのデモンストレーション」というタイトルどおり、自然感あふれる素敵な作品が数多く披露されました。また、参加者より、質問や多くの感動の言葉が講師へ届けられ、その上支部委員への労いの言葉まで頂き、とても和やかな時間となりました。
記/阿部眞理子

follow us