花ファッショントレンド2022 テーマ「新しい生活スタイル × 新しい価値観にあったデザイン」
テーマカラー「BLUE ブルー」秋冬カラー:ブルー系に赤紫を加えた奇抜で楽しいカラーハーモニー

~飾り襟のある花束~

カラフルな和紙を貼り合わせて作ります。
100円ショップでも手に入る折り紙サイズのカラフルな薄手の和紙を思いのままにちぎり、貼り重ねて、偶然できる色合わせを楽しみましょう。
ミニサイズなら、手軽に楽しめます。


<資材>
洋裁用パターンシート(クリアファイルなどで代用可)
薄手和紙いろいろ
#18ワイヤ
フローラルテープ(白、ライトグリーン)
木工用接着剤、小皿、ハケ、水差し
セロハンテープ

<花材>
クレマチス
リンドウ
スカビオサ
コムラサキ
ビバーナムコンパクタ
ジニア
ストロベリーフィールド
ダスティーミラー
コニファー


<作り方>

1. シート(クリアファイル)を直径20センチ、内径16センチのリング状に切り取ります。
縁を重ねて、セロハンテープで固定しで土台を作ります。

2. #18ワイヤ2本にそれぞれ白のフローラルテープを巻き、半分にカットしたものを4本作り、土台にセロハンテープで固定し、根本で1本に束ねライトグリーンのフローラルテープで巻いてハンドルを作ります。

3. 木工用接着剤を、ハケを使い小皿の上で少量の水とよく混ぜて、ちぎった和紙に塗り、土台の両面に貼ります。
和紙の大きさや重ね方により表情を楽しみましょう。

4. 花を捌いて、土台を持ち、花を上から差し込むように入れながら、スパイラルの花束を作ります。

5. 飾り襟の土台は、花束のアシストになり、少ない花材でも花束にして飾ることができます。
土台の大きさや形を変えたり、和紙の色や花の色との偶然の組み合わせで意外な発見もできそうですよ。
秋のお花を楽しみましょう♪


Flower Designer
目時 泰子 METOKI Taiko
岩手県支部
花ファッションデザインチーム

follow us