お問い合わせ先

氏名
卯木 敬子
E-mail
mailhanayausagi179@gmail.com
電話
0768-22-21590768-22-2159

イベント一覧

  • 開催期間
  • 支部名
  • イベント/会場
  • 参加費
  • 講師
  • 2019/12/08
  • 石川県支部
  • 講習会「クリスマス講習会」
    ITビジネスプラザ武蔵(金沢市)
  • -
  • 目時 泰子
  • 2019/09/29
  • 石川県支部
  • 九谷deフラワーアート
    能美市九谷焼資料館
  • -
  • 2019/05/26
  • 石川県支部
  • 平成30年度 石川県支部総会
    ITビジネスプラザ武蔵(金沢市)
  • -
  • 2019/05/26
  • 石川県支部
  • 平成30年度 石川県支部総会(付帯事業)
    ITビジネスプラザ武蔵(金沢市)
  • -
  • 柿本 亜矢
  • 2019/05/18~
    2019/11/09
  • 石川県支部
  • 石川県民大学講座
    石川県女性センター(金沢市)
  • -

イベントレポート

講習会「クリスマス講習会」
開催日:2019年12月08日

ITビジネスプラザ武蔵(金沢市)にて、目時泰子名誉本部講師を迎え「ノスタルジック クリスマス」をテーマとしたクリスマス講習会を開催しました。懐かしい素材を現代のテクニックを使って、花と共に新しい世界観を構築していく作品作りでした。参考作品2点の披露後、実習にうつりました。ワイヤーネットの周りに藁を巻くリース作りに少々苦戦している参加者もいましたが、クリスマスカラーの花やグリーンを入れ、最後にミツロウシートを使って作った星のオーナメントを飾り、素敵なアレンジメントが完成しました。
記/木下加代子

九谷deフラワーアート
開催日:2019年09月29日

能美市九谷焼資料館にて、九谷焼赤絵付け作家の有生礼子氏を迎え、九谷焼赤絵の陶板作りを行いました。白い陶板に麻の葉文や七宝文などの模様を細筆を使って描いていく、とても繊細な作業でした。講師のご指導のもと、基本のデザインを描いた後、余白部分に個性豊かな絵や文字を加える参加者も多く、焼成後の完成作品を受け取るのを楽しみにしていました。また講習終了後には、能美市九谷焼資料館の館長より館内や浅蔵五十吉美術館の案内があり、石川県の伝統工芸九谷焼を堪能する一日となりました。
記/木下加代子

平成30年度 石川県支部総会(付帯事業)
開催日:2019年05月26日

ITビジネスプラザ武蔵(金沢市) にて、平成30年度石川県支部総会及び付帯事業を開催し、石川県支部所属の会員116名が出席しました。総会では、予算・決算の報告と審議事項の承認がされ、本部出向役員の大脇典子常任理事より本部施策の説明がありました。
付帯事業では、柿本亜矢名誉本部講師を迎え、講習会「花とマテリアルの可能性 ~資材を楽しむ~」を行いました。ユニークな資材を使った素敵な花束の参考作品2点が披露された後、額縁の切れ端やバーク、アーティフィシャルフラワーなどをあしらった土台を作り、SPバラやスカビオサ等の生花を使ったアレンジメントを制作しました。身近な素材の可能性を探求して、楽しい作品作りを今後していきたいと思います。
記/木下加代子

フラワーデザインin石川2018
開催日:2018年09月07日~2018年09月09日

「フラワーデザインin石川2018」を金沢21世紀美術館(金沢市)にて開催しました。今年のテーマは、~つなげよう!ともに!~。花を通して、次世代の人たちにも繋いでいけたら、人と人とがつながり、共に生きていけたら、という願いのもと、アレンジメント・ブライダルブーケ・花束・フローラルコラージュ・フローラルアクセサリー・プリザーブドデザイン・プティデザイン・アーティフィシャルフラワーの8部門計78点のコンクール参加作品、公認校7校の作品及び子ども部門10作品の出展がありました。いずれ劣らぬ力作揃いの会場には4,000人を超える来場者があり、和紙作家と障がい者の方々とのコラボによる和紙の額を使ったミニ講習会も好評で、盛況のうちに終えることができました。
記/木下加代子

平成29年度 石川県支部総会(付帯事業)
開催日:2018年06月03日

金沢百万石まつりが賑やかに開催されたなか、ITビジネスプラザ武蔵(金沢市)にて平成29年度石川県支部総会及び付帯事業を実施しました。本部施策のDVD視聴後、本部出向役員の小山光子副理事長より詳しい説明がありました。
付帯事業では、阿部喜恵本部講師を迎え、講習会「アーティフィシャルフラワーで作る壁飾り」を講師の指導のもと行いました。オオタニワタリを白いワイヤー土台の上に設置し、時計草、ローズ、スノーボール等の花を配置しました。グリーンを基調にブルー、パープルの洗練された配色により、とてもノーブルな作品が仕上がりました。飾る場所によって、縦でも横でもmあるいは平面に置くことのできる作品は、参加者にとても好評でした。
記/木下加代子