公認校とは

公益社団法人日本フラワーデザイナー協会に公認登録されているスクールは全国に350校あります。(平成30年4月1日時点)
これらのスクールは全てNFD在籍の講師が主宰し、協会の厳正な審査を受けて登録されているものです。

 

公認校はNFDと社会とを直接結ぶ重要な接点であり、NFDの顔であります。公認校は資格検定試験実施権(一部実施権が無いいスクール有)を有していますので、こちらで勉強して受験に必要な単位を取得すればそのスクールの中で2級までの(一部のスクールは3級のみ)フラワーデザイナー資格検定試験を受験することができ、合格への一番の近道であると言えます。
公認校では、協会と直結した最新の技術によって懇切丁寧な指導を行なっていますので、どなたでも資格検定試験はもちろん、その他のフラワーデザインに関しても安心して勉強することができます。

平成29年度 NFD公認校新規登録校が決定

2018年2月1日(木)NFD公認校新規登録選考会を開催しました。今回の選考の結果、新たに3校の登録が許可され、

平成30年4月1日時点のNFD公認校は350校になりました。今後の花を通じた社会活動の推進に期待が寄せられています。

平成29年度 公認校新規登録校

所在地 公認校名 主宰者名
山形県 アトリエ ラルゴ 齋藤 美英
東京都 dance(ダンス) 尾関 素子
愛知県 暮らしを彩る 花の教室 中川 理恵子

 

 

《平成30年度分新規登録校申請について》

公認校の新規登録申請の期間は毎年10月1日~11月30日です。詳細は、10月発行のフラワーデザイナー10月・11月号や会員専用ホームページに掲載予定です。

新規登録を申請予定の方は、そちらで申請資格等の詳細をご確認のうえ、事前に指導者スキルアップゼミなどで十分ご研鑚ください。