Flower Display 〜フラワーデザインの挑戦〜 Vol.12

 

▶ バックナンバー


Vol.12 WILD WEST! 西部劇のマスト・アイテム、ウエスタンブーツ


Challenge!! Display

1 テーマ

_DSC3876

秋の雰囲気のディスプレイを今回はお届けします。ウエスタンブーツをディスプレイのテーマとして900 x 900の空間に制作してみます。

 

  

 

 

 

_DSC3937

 

2 ディスプレイアイテムの特徴を捉える

馬にまたがり、荒野を駆け廻るカウボーイ。そんなカウボーイが身に着けるもので、とくに目を引くのがウエスタンブーツ。颯爽と馬を乗りこなすカウボーイの必須アイテムです。尖ったつま先や長い胴(シャフト)、高い踵。シャープなフォルムが男性のロマンをかき立てるこの、ウエスタンブーツをテーマにしてみました。

    

 

3 テーマvsフラワーデザイナー

今回、ウエスタンブーツをディスプレイするフラワーデザイナーは井上博登NFD本部講師。

 

フラワーデザイナーになるずっと以前、牧場で働いてみたかったという井上本部講師。なかでもウエスタンブーツはお気に入りのアイテムで、それだけに西部劇のワンシーンを切り取ったようなデザインイメージは自然に出てきました。

 

井上先生デザイン画


4 ディスプレイデザイナーとのコラボ

フラワーデザイナーが考えたデザイン案をプロのディスプレイデザイナーのアイディアと融合させます。

井上博登NFD本部講師が考えたデザイン案に対して、山田さんからデザイン画とパースでアドバイスをいただきました。 

山田さんデザイン画

 

2014秋NFD

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

_DSC3880

ポイント01

屋根をふく際、下地となる野地板を組み合わせ、クルミ色の防腐剤入り塗料を塗る。底面と側面に組み合わせた野地板を固定する。

 

 

_DSC3890

 

 

 

ポイント02

奥の空いた空間も野地板でふさぎ、オールドウエスタンハウスのイメージをつくる。奥の板には花を挿す箇所は開けておき花留めをセットする。よりウエスタンの雰囲気を出すために、ドライフラワー用のフォーム(サハラ)で板をこする。

  

 

_DSC3898

ポイント03

発砲スチロールブロックを芯にしてつくった干し草の束をセットし、牛の骨のレプリカを飾り、ロープをかける。

 

 

 

_DSC3903

 

 

 

 

ポイント04

ウエスタンブーツ、サボテンをセットする。 

 

_DSC3980

 

 

 

 

 

ポイント05

プリザーブドフラワーのバラの芯を抜き、花を開花させる資材を挿す。

 

_DSC3909

ポイント06

プリザーブドフラワーのバラを奥の板の空いた箇所に挿す。この時、色の濃淡を使ってあふれ出るような雰囲気を表現する。最後に花びらを床にまいて完成。

5 フラワーデザイナーからのデザインメッセージ

今までやったことがないデザイン、秋、赤いバラの3点とウエスタンブーツがデザインのスタートでした。ワイルドさ、重さをテーマにショップのウインドーディスプレイで見かけるような構成を考えました。商品(ウエスタンブーツ)がより引き立つよう、赤いバラを強調させてみました。 

Hiroto Inoue

 

デザイナー・プロフィール

 

井上博登 Hiroto INOUE

NFD本部講師 福岡県支部

LIEBE・LIEBE 代表

 

 

 

 

 

 

 

 

 

6 ディスプレイデザイナーの視点
~監修いただいたディスプレイデザイナーの山田祐照さんからのコメント~

井上さんからのテーマは、ドラマティックな西部劇のシーンの空間を思い描きました。スケッチから感じたのは、ワイルドでありながらエレガントな空間を併せ持つシーンにしたいと考えました。井上さんとのデザインについての打ち合わせの中から、素材や形状を検討しプランを進めました。秋の色合いを考えダークな空間とアクセントのバラの赤をアイポイントとしました。サボテンのグリーンが赤いバラを引き立てる補色効果を担っています。主役となるブーツやベルトの質感に合った素材で構成できています。本物の板張りでできた部屋の中に、印象づける牛の骨、干し草、ロープが配置され、男のロマンが香り立つ空間に仕上がりました。空間から物語を感じ、その後の余韻を持ち帰って楽しんでいただけたら良いと思います。
秋の夜長を、久しぶりにウエスタンの映画でも見ようかと思います。

  

 

hiroaki yamadaディスプレイデザイナー・プロフィール

 

山田祐照 Hiroaki YAMADA

 

ディスプレイデザイナー。1956年生まれ。東北工業大学工学部工業意匠学科卒業。日本空間デザイン協会理事。日本ビジュアルマーチャンダイジング協会理事。(株)ノムラデュオ取締役。ディスプレイデザイン・空間デザイン・プロダクトデザインと、幅広くデザインとディレクションを手がける。銀座和光・京橋ブリヂストンのショーウインドウでディスプレイデザイン最優秀賞受賞。

現在は、百貨店のVMDや国内外のモーターショー、光による環境演出のデザインワーク(イルミネーション)を中心に活動している。人々の笑顔のために、ディスプレイという空間増幅装置を駆使し、あらゆる空間や環境に揚力を送り続けている。