平成27年度 NFD one leaf fund

平成27年度「NFD one leaf fund」採用事業一覧と事業概要

NFDでは、平成23年度より里山をはじめとする日本の自然環境及び景観の保全につながる公益的な活動に対する援助を行っています。
平成27年度については、昨年秋に助成審査委員会による審査が行われ、下記事業に対する助成を実施することになりました。

植物保護活動

申請事業 申請事業市民の手によるヤマユリの保護増殖活動
申請者(実施場所)
(採用実績)助成金額
助成金額NPO法人 秩父の環境を考える会 (埼玉県秩父市) (3年目) 28万円
活動内容 ヤマユリの自生地拡大をめざして保護増殖活動を始めて2年目となり、調査でよい生育地であった場所がサル、イノシシの害を受けるなど保護増殖活動の難しさを痛感している。27年度では秩父地域内のヤマユリの分布調査、種子採取、発芽促進処理による苗作りを継続、新たに食害対策実験を行う。また、会で管理する道の駅付属施設の山里自然館でヤマユリのパネル展示などを拡大し一層のPRをしていきたい。
申請事業 滝区ササユリの里づくり
申請者(実施場所)
(採用実績)助成金額
甲賀市甲賀町滝区 ササユリの里づくり (滋賀県甲賀市)(初) 20万円
活動内容 里山を代表するササユリは絶滅の危機に瀕していますが、清楚で気品あるササユリの里づくりを区の事業として区民の三世代全員が取り組むことで区の活性化を図ることを目指してます。事業を始めてから5年を経過しやっと里山のそこここに市の花でもあるササユリの花が見られるようになってきましたが、区の活性化を図るまではまだ道半ばです。これからは誰もができる種子繁殖も取り入れながら更なる区の活性化を目指す予定です。
申請事業 古来からつながる「アマチャ」で里山ルネッサンス・プロジェクト
申請者(実施場所)
(採用実績)助成金額
辻本 力太郎/個人 (三重県熊野市)(初) 20万円
活動内容 日本古来からの薬用植物であるアマチャ(甘茶)は近年までお寺の行事に活用され、地域住民がホッとするひとときを演出することを担っていましたが、廃れてきています。これを取り戻すために、地元のお寺とも連携し、復活させることを目指しています。また、アマチャの採取や加工は、一般的なお茶とほとんど変わらないことから、この事業には子供や、障がい者高齢者などの弱者の参画も得られることを期待しています。

自然保護・環境保全の調査・研究

申請事業 過疎高齢化地域における里山保全の現代的意義-「経済」「住民組織」「防災」3つの視点から-
申請者(実施場所)
(採用実績)助成金額
中四国里山保全グループ  (中国・四国地域)(3年目) 25万円
活動内容 本研究の目的は平成25年・26年度事業で明らかにした「自伐林業」による新たな里山保全システムを活用し、「経済」「住民組織」「防災」の3つのキーワードから里山保全の今日的課題を提示することである。調査方法は全国に先駆けて過疎高齢化が進行する中国地方・四国地方の中山間地域を対象に、1)里山保全システムを整理・類型化し、2)現地調査から「防災」機能を志向した新たな里山保全の事例を把握。そして、3)地域が自発的に展開できる里山保全モデルを現場レベルに提示する。
申請事業 ハーバリウム霧多布-地域でつくる霧多布湿原の植物標本集
申請者(実施場所)
(採用実績)助成金額
NPO法人 霧多布湿原ナショナルトラスト (北海道厚岸郡浜中町)(3年目) 20万円
活動内容 調査研究や環境教育に活用することを目的に、霧多布湿原とその周辺域に生育する植物の標本を作製する。植物標本はその地域の植物相や植物の分布、自然環境の変遷を明らかにするための貴重な資料として活用される。活動を通して地域住民が身近な自然環境に親しみ、その貴重性を実感することを目指す。
申請事業 野生絶滅種コシガヤホシクサの野生復帰地における個体数減少要因の解明
申請者(実施場所)
(採用実績)助成金額
国立科学博物館植物研究部 田中 法生 (茨城県下妻市)(2年目) 39万円
活動内容 コシガヤホシクサは生息域外でのみ栽培保存される野生絶滅の日本固有の水生植物である。申請者らは2008年より、本種を生息域外で確実に保全し、野生復帰させるための研究を行ってきた。復帰地における本種の保全管理をより向上させ、国内初となる野生絶滅種の野生復帰を強く推進することを目的とする。
申請事業 南西諸島向けのイネ科植物図鑑の作成
申請者(実施場所)
(採用実績)助成金額
桜美林大学 自然科学系教授 木場 英久 (南西諸島)(2年目) 28万円
活動内容 日本では、多くの初心者向けの図鑑が刊行されているが、日本の大部分は温帯にぞくしているため、南西諸島では不十分である。特にイネ科を扱った図鑑は皆無といえる。そこで、南西諸島のおもな島で産量の調査・標本収集・生育状況の観察や生品の撮影を行い、本土向けに申請者らが刊行した『イネ科ハンドブック』と同等な入門図鑑を作るためのデータを南西諸島で集める。
申請事業 宮城県植物誌のためのデータベース及び原稿の作成
申請者(実施場所)
(採用実績)助成金額
宮城植物の会 宮城県植物誌編集委員会 (宮城県大崎市)(初) 20万円
活動内容 宮城植物の会では、宮城県植物誌を編集するため平成24年1月に宮城県植物誌編集委員会を発足させ、県内産野生植物について環境、植物相及び資料の三章構成で資料編纂活動を進めている。本事業は大学、博物館及び植物園など公共的な標本室に所蔵されている標本に基づいた宮城県野生植物標本データベースを完成させ、これに基づいてすべての原稿を作成し編集を完了させようとするものである。

花や植物を通じた福祉活動

申請事業 日の出町竹林マップ作り
申請者(実施場所)
(採用実績)助成金額
NPO法人 花咲き村 (東京都西多摩郡)(初) 23万円
活動内容 山あいの町には、どの家も裏山に孟宗竹の竹林があります。かつては生活のいろいろな場面で竹がありました。しかし、生活の変化で竹林は放置され、他の草木を寄せつけないほど林の中を暗くし、隣の杉林へと広がっていきます。さらに、これまで管理していたおじいちゃんたちができなくなって、放置される竹林が増えています。当NPOではこれまで森林整備活動のひとつとして、身近な竹林の間伐を行ってきました。今回の計画では、日の出町内の竹林の活用状況を洗い出し、一枚の地図に落とし込みます。そしてその地図を元にして荒れた竹林と竹林整備ボランティアのマッチングを行い、日の出町をタケノコの里として再生することを目指します。
申請事業 「森林の生態系再生を障害者の仕事にする森づくり人づくり事業」
申請者(実施場所)
(採用実績)助成金額
社会福祉法人 あすなろの会 (山梨県都留市)(初) 28万円
活動内容 森林面積が約8割を占める山梨県で、荒廃した民有林・人口林を自然本来の生態系バランスに戻す里山再生を実践。具体的には、横浜国立大学宮脇昭教授の「その土地本来の木による多様性ある本物の森づくり」となる指導に基づき障害者がどんぐり拾いから行い、シイ・タブ・カシ類の常葉樹の苗木を大切に育て植樹します。洪水や土砂の防災、鳥獣害対策だけでなく、多様な人々が混ざり合う自然環境と社会環境づくりを同時に目指します。
申請事業 「花とみどりの園芸福祉活動2015」
申請者(実施場所)
(採用実績)助成金額
NPO法人 滋賀の園芸福祉研究会 (滋賀県野洲市)(初) 28万円
活動内容 老人介護施設・身体障害者施設等の施設内で施設利用者と一緒に園芸を楽しむイベントを通じて開催するいわゆる「園芸福祉」の観点から社会に貢献することを目的に活動する。植物や土に触れることで、機能回復や精神的安定しいては「生きがい」を与えられるのが園芸福祉の目指す所です。この活動に対する需要は限りなく多いのですが、当該施設の予算は殆んど無く、限られた範囲での活動になっています。車いすのまま作業のできる「レイズドベッド」の導入をはじめ費用の掛かる事業です。助成金を活用し、継続的な活動にしたいと思います。
申請事業 森の魅力を学ぶ体験型環境教育事業
申請者(実施場所)
(採用実績)助成金額
NPO法人 NATURAS (北海道函館市)(初) 20万円
活動内容 子供たちを対象に、「植物が大きく成長する謎の島」をテーマにした環境教育学習を実施する。ブナの森の散策と森の力を学ぶ体験、植樹体験、ニホンザリガニと森の関係、生物いっぱいの海と森の関係を学ぶ体験等を通して楽しく森の魅力を伝え森林の価値や役割を知る環境教育を実施する。これにより自然環境問題に関心を抱いてもらい自然を大切にしたいというココロを育ませることが目的である。