庭園散歩~花ファッションハウスの庭

庭園散歩~花ファッションハウスの庭


NFD花ファッションハウスが紹介されました

広報みなと_20130821-1みなとっぷ_201807_vol36-2

みなとっぷ 2018年7月Vol.36 P2「地域に生きる建築」

 

広報みなと 2013年8月21日号 P1「港区みどりの街づくり賞」


 

2011年5月30日(月)に竣工した、NFDの研修施設「NFD花ファッションハウス」の3階と4階に広がる屋上庭園。

その四季折々の表情をご紹介します。


8月 August

もうすぐ立秋というのに、暑い日が続いていますが皆さんお元気ですか。

花ファッションハウスの庭では、夏らしい写真が撮れました。

サルスベリのピンクに、緑色の小さなカマキリ、そして夏の空のハーモニーは今月のベストショットです。

DSC00050


 

ハウスで毎年グリーンカーテンをしていますが、今年も小さなゴーヤが実を結び始めています。暑さのせいか少し遅めです。

DSC00029


夏のDSC00031グリーンの実ものは、爽やかで涼を感じます。


 

 

DSC00033


3階の屋上の池には、メダカや小さなエビが元気に生息しています。

エビはわかりにくいですが、メダカは見つけられますか?

DSC00042


7月 July

花ファッションハウスの庭では、バラの二番花がひっそりと咲いています。DSC07382DSC07405DSC07398

オルレアは、花が終わって種になりました。乾いてきたら、種を採取して欲しい人に配ります。昨年はもっと採れたのですが、今年は昨年に比べると少な目な印象です。

DSC07411

6月から7月にかけて、花ファッションハウスの庭園では、紫色や青色の花が目立ちます。うだるような暑さの下で、少しでも涼やかな気分をと咲いてくれているような気がします。DSC07390DSC07396


6月 June

花ファッションハウスの庭園では、バラの季節に続いて梅雨を前に、カシワバアジサイが咲き始めています。

キャプチャ3

5月30日 014

バラの花は終わり、花ガラのお掃除もやっと終わりました。今月は、秋の開化に備えて、剪定をはじめています。

キャプチャ6キャプチャ2初夏の花々が咲き始めています。

5月30日 0015月30日 012

中でも、数年から数十年に一度の割合で花を咲かすというニューサイランが今年もまた咲いてくれました。この花を目に出来るのはかなり珍しい事と言われていますが、花ファッションハウスの庭では、常連です。咲かせるコツ?わかりません(笑)

5月30日 002

DSC07312 (1)キャプチャ5

キャプチャ1キャプチャ8DSC07314これは、人類初の紙の素材として使用されたという「パピルス」です。この植物の繊維を紙として活用したと言われ、縄やマットなど様々な生活品にも使われていたそうです。線香花火を逆さにしたような姿で、長い歴史を超えて生き抜き、この花ファッションハウスの庭にも届いたと思うと、その生命力の強さを感じます

キャプチャ7オルレアは、ホワホワとしたかわいらしい種が見られるようになってきて、花はそろそろ見納めです。

キャプチャ9バラの原種と言われるこの種類は、まだ花を咲かせくれています。

5月30日 023

アカンサスモリスは、今年は少し小さ目ですが、元気に花をつけています。


5月 May

先週木曜日の午後から、やっと天候に恵まれ青空にバラの花がよく映えます。

雨上がりの庭園では、バラの花びらに雨のしずくが太陽に照らされてキラキラと輝いてきます。

DSC_0288

DSC_0318

DSC_0281DSC_0291


DSC_0313DSC_0305


DSC_0293DSC_0297

連日の雨に見舞われ、バラの花びらが散ってきていますが、まだまだ蕾もありますので、まだまだ観賞していただけます。

明日から天気が回復するようなので、是非お立ち寄りください。

DSC_0240DSC_0243

DSC_0254

DSC_0253

DSC_0248DSC_0250DSC_0275

DSC_0256DSC_0246

ゴールデンウィークは皆様いかがでしたか?

花ファッションハウスの庭のバラは、ゴールデンウィーク中に次々と咲いて、7日には満開になりました。

今週いっぱいが見ごろだと思います。

ここの庭園には、いろいろなバラがありますが、一度に揃って開花してくれたので、今年はかなり見応えがあります。お蔭で花殻の処理が間に合わないくらいです。手探りで始めたバラの世話でしたが、愛情に応えてここまで咲いてくれると感無量です。

040

007正面玄関の左側のアイスバーグは、一つの枝から7つ花が咲いているところもあり、それだけで自然の花束のようになっていて、見応えがあります。

013029

008023016

026011バラが次々に開花しています。予想通り、「子供の日」ごろに満開になりそうです。

DSC07073

DSC07082


DSC07080「ストロベリーヒル」は、3階で一番香りのよいバラ。今は一輪ですが、たくさん咲いてくると屋上に出ただけで、ふんわりとそのやさしい香りに包まれます。

DSC07072今年は、バラの花のサイズが全体的に大き目です。

特に正面の3本柱の真ん中に咲いている『ショッキングブルー』は、今年は大輪。完全に開花したものを見ると、その花の大きさと姿から、ボタンのように華やかです。名前ほど青くはないですが、育てやすく、切り花として人気があるとか。ドイツからやってきたバラです。

DSC07119

DSC07116


ご近所のバラに詳しい方からうれしいお言葉をいただきました。バラの育成管理が行き届いているかどうかは、その葉を見れば一目瞭然で、ここ花ファッションハウスの庭園のバラの葉はきれいねと。

本当にその言葉通り、どれも青々として美しく、愛情をたくさんかけて育まれていることが見て取れます。

DSC07062

DSC07060

丈夫なバラの代名詞である「アイスバーグ」はこの庭園で一番多く花をつけるバラです。「アイスバーグ」は、ドイツのバラです。


DSC07126


DSC07127正面左側の壁面にも「ブラッシュブルーソール」というバラが咲いています。今年は、一番早くここが満開になりました。

「ブラッシュブルーソール」は、フランスのバラです。


バラ以外にも、様々な花々が庭園に彩りを添えています。

アヤメ科の『ヒメシャガ』です。あやめをもっと繊細に、小ぶりにしたような面持ちです。やさしいラベンダーカラーがその立ち姿とともにやさしい印象を与えています。                       DSC07087

 アヤメも満開です。

DSC07108DSC07099 

DSC07101

これはハルジオン。

そうです、あの「貧乏草」という残念なネーミングで知られている植物です。一本だけだと、「貧乏草」のイメージが払拭できませんが、これだけ密集して咲くと、なかなかのものです。


DSC07076このヒューケラは、昨年庭園に仲間入りしました。他にない色合いで、庭園の中でも異彩を放っています。


DSC07088DSC07057

今年もオルレアは元気です。いろいろなところに種を飛ばして、思わぬところから生えてきますが、密集して風にそよぎながら咲いているとよりその美しさが際立ちます。数に限りがありますが、種が取れたらお分けできますので、欲しい方は6月以降にNFD事務局までお問い合わせください。

DSC07091

「ヒメウツギ」も満開です。


DSC07092「シャリンバイ」も地に這うように咲いています。道路の分離帯などに植えられるほど、大気汚染や暑さに強い植物だそうです。

4月 April

010

花ファッションハウスのバラは、葉が青々と生い茂り、たくさんの蕾が見えるようになってきました。


037近くで見ると、今にも咲きそうなものまであります。

今年は5月5日の「こどもの日」あたりに見ごろを迎えるのではないかと思っています。

この緑色の壁面に、一斉にたくさんのバラの花が咲き、「バラの館」になるのももうすぐです。

001009


屋上庭園には、やさしい春の花が咲き始めていて、やわらかい緑の葉がやさしく春風に揺れています。

032029


新年度がスタートしました。心機一転新たなスタートを踏み出した方も多いと思います。そんな前向きな気持ちを後押しするかのように、晴れ晴れとした気持ちの良い天候が続いていますね。先月「春分の日」だというのに降雪があったり、春と冬の攻防が一進一退を繰り返して、体にやさしくない気候が嘘みたいです。

花ファッションハウスの庭では、ワインレッドのクリスマスローズが満開になりました。

DSC06792

刈り込んだタイミングがよかったのか、今年は元気にたくさんの花をつけてくれました。

DSC06761

もちろん白いクリスマスローズもまだまだ元気です。

DSC06760

斑入りのものや、やさしい色合いのものも咲いています。

DSC06787DSC06808DSC06795


庭園では、次々と花が咲き始め、芽吹き始めています。

033019


014020

DSC06920


花ファッションハウスに通じる道路の桜も満開になりました。

DSC06927


008今月の近所の猫は、見返り美人のように振り返って、写真におさまってくれました。


3月 March

まだまだ寒い日が続いていますが、少しづつ春めいてきたと感じられる日も増えてきました。

黄色い水仙が咲いてきたので、なおさら春の訪れへの期待感が高まります。

003


ツルバラは順調に芽が出てきています。

木立バラは先月の19日に、冬剪定を終えて肥料を与えたので、これから節々が赤くなってくれば芽が出てくると思います。

016024


クリスマスローズは、今年は少し遅咲きだったような気がしますが、次々と花を咲かせ始めています。

055

014

038

 昨年11月に新たに仲間入りした、「アセビ」は低木ながらもスズランのような可憐な花をたくさんつけてくれました。葉の陰にそっと寄り添うように控えめで上品な印象です。

064


今月の近所の猫は、寒さを乗り越え、モリモリ食べて元気そうです。

DSC_3243


2月 Feburary 

先月は小さな池には氷がはり、庭に踏み出すとサクサクと霜柱の感触を楽しめる寒い日もありました。

降雪に見舞われる日が数日あり、降り積もった雪で、葉が茶褐色に雪焼けしてしまったものもありました。

まだところどころ雪が残っています。

2月に入り、少しづつ春に向けて植物たちが柔らかな表情を見せてくれるようになってきました。

010


この時期、花ファッションハウスの庭園で唯一の花といえば、「クリスマスローズ」。今年も早めに余分な葉を刈り込んでおいたので、日当たりの良いところに植えられているものは、元気に咲き始めてくれています。

038

バラたちは、剪定が終わり、休眠に入っています。

花ファッションハウスの壁面に這うツルバラの剪定と誘引は、高所での作業となりとても骨が折れるものですが、再び素晴らしい花を見せてくれることを想像しながら、今年もなんとか無事に終えバラたちが春に向けて力を蓄えてくれています。

5月頃の開化にご期待ください。

006009

1月 January 

新年あけましておめでとうございますojigi_animal_inu (1)

本年もどうぞよろしくお願いいたします

011

年末にツルバラの誘引も完了し、高い所をかなりカットしてトップを軽くしました。

今年はどんな風にバラが咲くのか楽しみです。

026029


3F/RFのバラはまだ頑張って咲いています。

去年の10月は、天候不順だったので、バラの咲き始めが遅かったです。

それでも、枝には今年用の芽が付きはじめています。

006


017

今年もまた近所のネコがたくさん遊びに来てくれるといいなと思っています。

2960470

今年も皆様にとって幸せな一年になりますように。

どうぞよろしくお願いいたします。