Vol.8 「七夕」

フラワーアレンジメント入門

Vol.8 「七夕」

 

【デザインのポイント】
竹は花留めとしての役割だけでなく竹の節に水を入れて器としてデザインします。

【挿し方のポイント】
竹の土台から重点を上部に花材を挿します。

【花材選びのポイント】
初夏(七夕)を感じる季節の花を選択します。

使用花材

  • 竹(枝、笹の付いたもので長さ約1m、直径約1.5㎝) 3~4本
  • 竹の枝(上記の竹についているもので可) 約90㎝×1本、約60㎝×1本

  • ササユリ    3本

使用資材

  • ガラス皿  1枚
  • 麻ひも   適量

  • 七夕飾り (適量)

作り方

STEP 1

 直径1.5㎝の竹を12㎝~13㎝位の長さにカットする。


STEP 2

カットした竹を輪ゴムで留めながら直径10㎝位の土台を作り、

ガラスのお皿にのせる。

 

輪ゴムの位置に色紐やリボンを巻く。

 


STEP 3

竹の節に水を入れ、竹の脇枝(笹)を高く挿す。

 

ササユリも同様にデザインする。

 


STEP 4

折り紙やデザインペーパーなどで七夕飾りを作り配置します。