Vol.19 「七夕」

フラワーアレンジメント入門

Vol.19 「七夕」

kansei2

デザイナー:越水清江NFD名誉本部講師

【デザインのポイント】
短冊の形を葉でつくり、七夕の壁飾りにしてみました。

【挿し方のポイント】
土台が編みこんであるので、花留めにもなります。
壁掛けなので、軽く仕上げること。

【花材選びのポイント】
笹と同じような動きの花や、軽くて姫ユリのように星をイメージさせる花も合います。

使用花材

  • オクラレルカ(3本)

  • グリーンスケール
  • 姫ユリ
  • 姫ヒマワリ
  • 細い竹なければ小枝(15cm)

使用資材

  • ※ステープラー(ホッチキスは商品名になります) カラー針使用・ゴールドかグリーン
  • 両面テープ
  • 携帯用ボトル(切り花用保水キャップなどでも可)
  • ワイヤ(#24位)
  • 吊り下げ用ひも
  • リボン(3mm幅)
  • 金属のボールや軽いビーズ(ワイヤの入る穴があるもの)

 

作り方

STEP 1

 

土台を作ります。オクラレルカを葉先から60cmで7本カットし、残りは15cmで10本位カットしておく。

竹の枝にひもをワイヤでつけておく。


STEP 2

002-3

 

竹に葉先をかけて、ステープラーで4本留め、あいだに下向きの葉をはさみ下も、上と同じように、短いオクラレルカに先をかけて、ステープラーで留める。

 

003


STEP 3

002-5

 

 

短いオクラレルカで編みこんでゆき、端は切りそろえてステープラーで留める。

 

 

 

002

 


STEP 4

005

 

ボトルのふたを取り、取り付け用のワイヤをつけたら、両面テープで、葉を貼っておく。少しずらせて、土台に取り付ける。

 


STEP 5

*吹き流しの作り方(仙台の七夕祭りで、代表的な吹き流しは、織姫の織り糸を象徴するものなので、色々なリボンで作ってみ

てください)

002

 

40cmに切ったリボンを10本用意し、中央をワイヤで縛っておきます。


STEP 6

003

 

 縛ったところから、1cm下がったところで、もう一度、別のワイヤで縛りタッセルのように仕上げます。リボンは切りそろえます。


STEP 7

004

 

ワイヤに金属のボールを通して留め、1本残して、フックにします。


STEP 8

 

ボトルに水を入れ、動きやすい笹などは、土台にくぐらせて、固定させる。(笹は水が下がりやすいので、酢水で水揚げをしておくと良いです)
姫ユリや姫ヒマワリをバランスよく配置します。吹き流しも取り付けます。