Flower Buzz Vol.33


バックナンバー

Vol.33 見たい・知りたい・使いたい!【オキシペタルム】

オキシペタルム 007

 

今月の花:オキシペタラム 
学名:Tweedia caerulea(旧学名Oxypetalum caeruleum)
科属:ガガイモ科 原産地:ブラジル

通称:ブルースター。ブルースターとはオキシペタラムの中のかつて人気だった青系品種の一つだが、今では品目名のように使われることがある。ただ、白やピンクの品種の際は、 呼び方が難しいところ。

新品種マーブルハピネス

オキシペタルム

 

品種名はマーブルハピネス、「大理石の幸せ」の意味。高知県の育種家笹岡氏によって開発された純白、丸弁10枚の新品種。

 

同じく白八重のマーブルキャンディや濃ピンクの八重ラブリーピンクが姉妹品種。

オキシペタラムの育種生産といえば、何といっても日本が先進国。ここまで高い生産技術を持つ国は他にない。

珍しさと品質の高さが評価され、国内だけでなく、海外でも受賞歴多数。ニューヨークなどにも輸出され、世界中にハピネスを届けている。

 

名前の由来

オキシペタルム

 

旧学名のOxypetalum( オキシペタラム)とは「鋭い花弁」、caeruleum(カエルレウム)とは青色、空色の意味。

 

つまり直訳すれば「鋭く尖った青い花弁を持つ花」。確かに昔は花弁が細かったが、需要の好みに合わせて丸い花弁が主流。色ももはや青ばかりではなくなった。ちょうど分類も見直され、学名もTweedia(トゥイーディア)に変更。

エディンバラ王立植物園の庭師のジェームズ・ツイーディ ー( James Tweedie)の名に因む。

 

 

 

水揚げについて

オキシペタルム

 

以前はかなり手こずった水揚げ。

切り口から出る白い液が止まるまで流水で洗う?乾くまで数分放置?焼いてしまう?もはやいずれも必要なし。今はコップに入れた水で少しゆすげばOK。気持ちにゆとりがあれば、塩を溶かしたぬるま湯でゆすぐとさらに◎。

 

白い液は乾くと導管をふさぎ水下がりの原因になるので、どんなに忙しくても切り口はゆすぎたいもの。しかし、それ以外はあまり必要なし。それだけオキシペタラムの品質は進化している。

 

 

 

 


 

文/内藤育子 制作協力/大田花き花の生活研究所