Enchanted Floral Accessory Vol.7


Vol.7 新春を祝うローラーワークスでつくるアクセサリー
ふだんの生活の中でも使ってみたい、つくってみたいフローラル・アクセサリーを紹介。

[jwplayer config=”nfd-player_w700″ html5_file=”/wp/wp-content/uploads/video/1301_accessary.mp4″ file=”/wp/wp-content/uploads/video/1301_accessary.mp4″ image=”/wp/wp-content/uploads/video/1301_accessary_thumb.jpg”]

※右下の矢印ボタンをクリックすると、フルスクリーンでご覧頂けます。


デザイン・メッセージ

花一輪身にまとうだけで幸せな気持ちになれます。その想いが女性をより美しく見せてくれます。きっと晴れ着にも似合うはず……と花たちも微笑んでいるよう。


デザインプロセス

ローラーワークスのテクニックに加え、グラスチューブを使用することで、アレンジメント感覚でアクセサリーを制作します。

 

[ 花材 ]
ビオラ
ペッパーベリー
ゴシキカズラ
バコパ
ワイヤープランツ
ほか

STEP 1

地巻きワイヤに光沢のあるワイヤを巻いてつくったワイヤを花びらの形に成形する。


STEP 2

花びらを5弁つくり、レースなどに貼り付けて花の形に沿ってカットする。


STEP 3

メタルフレームにSTEP2でつくった花やビーズを貼りつける。


STEP 4

土台となる髪留めにグラスチューブを留めつける。髪留めにもワイヤとレースなどでつくった飾りを貼り付けてもよい。


STEP 5

土台とフレームを接着し、鈴などをつけたチェーンで飾る。


STEP 6

グラスチューブに花を挿して完成。


ローラーワークスのテクニックと、グラスチューブを使うと、さまざまな髪飾りがつくれます。

ヘアクリップにグラスチューブを留めつける。


地巻きワイヤにカラーワイヤを巻いたワイヤを成形しレースなどを貼り、花の飾りを装飾。
最後にチェーンなどの飾りをつけ、花を挿せば完成。


 

デザイナー・プロフィール

南家めぐ実 Megumi NANKE

名誉本部講師 大阪府支部
Floral art MEGU 主宰


 

ヘアメイクアーティストからの視点

ヘア&メイクのポイント

今回ご紹介したフローラル・アクセサリーに合うヘア&メイクのポイントを紹介します。

ヘッドアクセが自然にヘアになじむように、フワフワと可憐なアップヘアにしました。ホットカーラーやコテで巻いてから、トップのほうにボリュームが出るように、バランスを見ながらピンでとめていきます。おくれ毛を残すのもポイント。メイクは着物に合うよう、清楚でナチュラルに淡いピンク系でまとめました。

プロフィール

大野真理江 Marie OHNO

都内ヘアサロンに勤務後、ヘア&メイクアシスタントを経て、
2003年フリーランスとして活動を開始。
広告、CM、タレント、TV、イベント、舞台などで幅広く活動中。

 

Styling/まえをけいこ。
協力/vanilla chair