Enchanted Floral Accessory Vol.6


Vol.6 秋のお出かけにぴったり! フォークロアなアクセサリー
ふだんの生活の中でも使ってみたい、つくってみたいフローラル・アクセサリーを紹介。


[jwplayer config=”nfd-player_w700″ html5_file=”/wp/wp-content/uploads/video/1212_accessary.m4v” file=”/wp/wp-content/uploads/video/1212_accessary.m4v” image=”/wp/wp-content/uploads/video/1212_accessary_thumb.jpg”]

※右下の矢印ボタンをクリックすると、フルスクリーンでご覧頂けます。


デザイン・メッセージ

今日のワンピースには、フォークロア調のアクセサリーを。1本の長いネックレスは、好みの長さに変えられます。秋風をまとって揺れるアクセサリーを楽しみましょう。


デザインプロセス

1本の長いチェーン状のビーズにスケルトンのパーツを通し、自由に組み合わせたネックレス。土台のスケルトンリーフが全部隠れないように軽く仕上げます。

 

[ 花材 ]
スプレーマム
ベゴニア
アイビーゼラニウム
カランコエ
ケイトウ
ジュズサンゴ
エリカ
シーマニア
アイタデ
コプロスマ
アルテルナンテラ
ミズヒキ
ミニツバキ
フウセンカズラ

STEP 1

細いワイヤにビーズを通し、スケルトンリーフにグルーなどで貼る。余分なところはハサミでカット。


STEP 2

テグスにビーズを通し、1本の長いチェーンをつくる。所々にアクセントをプラス。


STEP 3

スケルトンリーフでつくった葉の形のオーナメントに花をグルーで貼る。


STEP 4

長い1本のチェーンに、花を貼ったオーナメントを通し、アクセントを加えて仕上げる。

ネックレスと同様の方法でブレスレットもつくる。


曽根真弓

デザイナー・プロフィール

曽根真弓 Mayumi SONE

本部講師 埼玉県支部
スタジオナイン所属


ヘアメイクデザイナーからの視点

ヘア&メイクのポイント

今回ご紹介したフローラル・アクセサリーに合うヘア&メイクのポイントを紹介します。

アクセサリーの雰囲気にも合うよう、秋らしく、メイクはオレンジ、ブラウン、ベージュで統一します。ヘアはボヘミアン的に、フワフワにコテで巻いて、ボブっぽく見えるように毛先をまとめて、襟足あたりで見えないようにピンでとめました。フォークロアな衣装やアクセサリーに合わせたヘア&メイクです。

スタイリスト・プロフィール

大野真理江 Marie OHNO

都内ヘアサロンに勤務後、ヘア&メイクアシスタントを経て、
2003年フリーランスとして活動を開始。
広告、CM、タレント、TV、イベント、舞台などで幅広く活動中。

 

Styling/まえをけいこ。
協力/vanilla chair