Enchanted Floral Accessory Vol.5


Vol.5
華麗なFloral Tippet ― 花の肩掛け


華麗なFloral Tippet ― 花の肩掛け


デザイン・メッセージ

上質な輝きを放つ銀メッキワイヤをレースのようにからめ、フレッシュな花々をちりばめて、語源を「聖職者の肩掛け」 とする羽のように軽やかな「ティペット」をつくりました。


デザインプロセス

A.レディハート 
B.クレマチス
C.センニチコウ 
D.ラン(モカラ) 
E.ラン(オンシジウム)
F.スプレーバラ 
G.パイナップルリリー
H.ナデシコ 
I.ブーゲンビリア 
J.アスチルベ

STEP 1

0.5mmと0.3mmの銀メッキワイヤを片寄りがないよう均等にからめてティペットの形に成形。


STEP 2

花材は短くカットし、切り口にワックス処理をする(溶かしたキャンドルでも可)。


STEP 3

シルクシフォンやオーガンジーなどの布地をリボン状にカットし、切りっぱなしのままティペットのベースに結び付けレディハートをからませる。


STEP 4

0.3mmのワイヤで花の茎を巻きつけ、固定する。スパンコールやビーズを通したワイヤをふんわりからませる。


STEP 5

装着してボディのカーブに合わせ、わきの下部分に長めのリボンを通し、ずれ落ちを防止する。ティペットの先端にもリボンをつけて完成。


ポイント

仕上がりが軽くなるように心がけてつくりましょう。また、水もちのよい花材を選択し、透明感のある布地でつくったリボンと調和するように配置します。安全のため、ワイヤは最後までつなげたままで使用し危険な先端を最小限にします。


宮内喜代美

デザイナー・プロフィール

宮内喜代美

本部講師 神奈川県支部
アトリエ プリマヴェーラ主宰

ヘア&メイクのポイント

誌面に登場したフローラル・アクセサリーに合う
ヘア&メイクのポイントを紹介します。

誌面に登場したフローラル・アクセサリーに合うヘア&メイクのポイントを紹介します。今回のヘアメイクのテーマはドーリー。メイクはピンクで統一しています。アイシャドーは淡く薄い色で塗りますが、まつ毛は濃く太めの束にすることでドーリー感をUP。ヘアはコテで巻いてからフワフワの綿菓子のように逆毛を立て、高い位置でピンでとめていくのがポイント。まるで、アンティーク家具が並ぶお屋敷にぴったりマッチしたお人形のよう。かわいらしさが際立つドーリー・ヘア&メイクです。


スタイリスト・プロフィール

大野真理江

都内ヘアサロンに勤務後、ヘア&メイクアシスタントを経て、
2003年フリーランスとして活動を開始。
広告、CM、タレント、TV、イベント、舞台などで幅広く活動中。