Enchanted Floral Accessory Vol.12


Vol.12 ビニールコードを使った軽やかなアクセサリー
ふだんの生活の中でも使ってみたい、つくってみたいフローラル・アクセサリーを紹介。


デザイン・メッセージ

秋の気配を感じたら、エレガントなおしゃれを楽しみましょう!
とはいえ、残暑厳しい時季ですので、軽やかなアクセサリーをカラフルな衣装に合わせて、キュートなアシンメトリーデザインにしました。

大きさの違うリングを組み合わせ、ラメでキラキラと華やかさを演出します。
素朴な雰囲気のヘリアンサスもラメを塗って華やかに!!


デザインプロセス

◆制作上のポイント◆

肌に触れてもやさしい、ビニールコードを使うことによって、軽さと柔軟さを出します。

ビニールコードでつくったリングの大小の組み合わせ、花の配置をバランスよく制作することがポイントです。

kazai

 

[ 花材 ]

ヘリアンサス(ヒメヒマワリ)
オキシペタラム(ブルースター)


STEP 1

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ビニールコードにラメ入りネイルカラーを塗る。二重のリングをつくり、パールビーズで留める。


STEP 2

st02

 

チョーカー部分や、一重のリングは、ワイヤでリングをつくり、刺繍糸でヴィッケルング(巻く)し、ラメを塗る。


STEP 3

st03-01 st03-2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ビーズをつなぎ合わせ、所々揺れるように、リング以外の縦のラインをつくる。step1・2でつくったパーツをワイヤで留めながら組み合わせる。

*ワイヤの切れ端が肌や服に当たらないよう、内側に曲げたり、小さなビーズを留めるなどして処理する。


STEP 4

st04

ヘリアンサスにもラメを塗る。


STEP 5

st05-01 st-ss

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ヘリアンサス、オキシペタルム(ブルースター)をフラワーデザイン用接着剤で留めて完成。

 


デザイナー・プロフィール

矢崎 伶奈 Rena Yazaki

NFD本部講師 山梨県支部
岡桂子フローラルスタジオ所属

 

ss01-400 ss02ss03ss04ss06


 

ヘアメイクアーティストからの視点

ヘア&メイクのポイント

今回紹介したフローラル・アクセサリーに合うヘア&メイクのポイントを紹介します。

ヘアメイクは大人クールをイメージ。メイクはアクセサリーと同じブルーをアイホールに、目のキワはグレーブラウンを細く入れて、印象を引き締めて大人っぽさを。

 

リップはベージュをオン。ヘアは、前髪は高めのポンパドールをつくり、サイド、バックの髪は中央に縦のラインに集まるようにピンでとめました。毛先はちらして、少しハードさを出します。

プロフィール

大野真理江 Marie OHNO

都内ヘアサロンに勤務後、ヘア&メイクアシスタントを経て、
2003年フリーランスとして活動を開始。
広告、CM、タレント、TV、イベント、舞台などで幅広く活動中。