Enchanted Floral Accessory Vol.10


Vol.10 カラフルで大胆! アシンメトリーな冬のアクセサリー
ふだんの生活の中でも使ってみたい、つくってみたいフローラル・アクセサリーを紹介。


デザイン・メッセージ

銀世界、清澄な空気、温かな感触……。
華やぐ集いの多い季節、シャープな傾向が見え始めたファッションに冬ならではのアクセサリーを。
カラフルで大胆なアシンメトリーのヘッドドレスで私らしさを演出します。


デザインプロセス

◆制作上のポイント◆

使用する花材と資材の材質感を生かして制作します。

[ 花材 ]

スターチス     リューココリーネ
ガーベラ       トルコギキョウ
カラー         デンファレ
スプレーバラ    ジニア
アストランチア  ホワイトスター
アスチルベ     リューカデンドロン
アジサイ       シキミア
トウガラシ     




STEP 1

頭部の装着位置に合わせて厚手の生地を切り、ワイヤは髪に留めつけられるような輪っかをつくり生地のカーブに合わせてカットする。カットした生地とワイヤ、クッション材、防水テープの順に貼り合わせ、頭の形に合うように成形しベースをつくる。


STEP 2

ベースにカットしたスターチスとフェザーを貼る。このときベースの裏側のふち1cmほど中からスターチスを貼る。スターチスとフェザーを徐々に厚みが出るように、表面の中央を残して貼っていく。


STEP 3

9089表面の中央部分にリューココリーネとバラを貼る。


STEP 4

カチューシャに黒のレースを貼る。


STEP 5

トルコギキョウやカラー、デンファレなどワイヤリングした花材をカチューシャに留めつける。


STEP 6

装飾したカチューシャを頭部にセットし、最後にリューココリーネやバラを貼ったベースをセットして完成。

 

ヘッドドレスをより引き立てるひと工夫

ヘッドドレスに合わせて、ホワイトスターやワイヤリングしたチェーンのオーナメントをイヤリングに。また、ビクトリアンブーケホルダーに同様のワイヤリングしたチェーンのオーナメントやトウガラシ、リューココリーネなどを飾ると一層ヘッドドレスが引き立ちます。


別のパターンとして、スターチスとフェザーを全面に配置することで、清楚なヘッドドレスに。

 


 

デザイナー・プロフィール

伊藤 順子 Junko Ito

名誉本部講師 神奈川県支部
Hana-ism フローラルアートスクール 主宰


 

ヘアメイクアーティストからの視点

ヘア&メイクのポイント

今回紹介したフローラル・アクセサリーに合うヘア&メイクのポイントを紹介します。

メイクは、マットな質感のモーブ系のアイシャドーをグラデーションで入れ、アイラインは目尻を長く太くはねぎみに書きます。これをするといっきにモード感がアップします。リップはベビーピンクで女性らしさをプラス。
ヘアは軽く巻いてから、ボブに見えるようにえりあしで3か所くらいに分けてまとめてピンでとめ、ふわっとなるように毛をつまみ出しボリュームを調整。ロングヘアの場合、三つ編みしてからえりあしでまとめると楽にまとまります。前髪はかなり横からもってきます。こうすることで、さらにモード感が出ます。

プロフィール

大野真理江 Marie OHNO

都内ヘアサロンに勤務後、ヘア&メイクアシスタントを経て、
2003年フリーランスとして活動を開始。
広告、CM、タレント、TV、イベント、舞台などで幅広く活動中。