花ファッショントレンドとは

花ファッショントレンドとは?

NFDは2007年度に「花ファッション委員会」を立ち上げました。

花ファッション委員会では、「フラワーデザインはトレンド性を重視した花のファッションである」というコンセプトを大切にし、「花ファッショントレンド」を年に2回(春夏トレンド・秋冬トレンド)を発表しています。
日本ファッション協会・日本花き卸売市場協会・全国花材流通協会・日本生花通信配達協会からの外部委員を招き、関連業界からの情報や、海外のデザインやカラーの流行などを、いち早くキャッチすることに努め、
フラワーデザインに反映させやすいようにテーマやカラーのトレンドを決めています。
その中でも、カラーは、インターカラー(国際流行色委員会)が2年先のカラーを提案している情報を取り入れ、
日本古来の色の中から花のもっている色、デザインに使いやすい色を「和名」にこだわってトレンドカラーに決めています。

 

毎年、ファッション業界の代表的なトレンドコンセプトが発表されています。
それはあらゆるジャンルに影響を及ぼしていますが、花ファッショントレンドは花の持つオリジナリティを大切にしながら、
他のジャンルとの協調性を保っていきたいと考えています。
花の関連業界に、NFDの花トレンドが新しい活気を呼び起こすことが「花ファッション委員会」の願いです。

 

NFD(花ファッション)のトレンドが決まるまで

NFD(花ファッション)のトレンドが決まるまで

How to Hana-fashion

花ファッションに対する、素朴な疑問にお答えします。これであなたも花ファッション通!

 

Q1. 花ファッションって何?

 

NFDが、日本だけでなく世界に向けて発信する、花とフラワーデザインに関するトレンドのことをいいます。

Q2. トレンドって何?

「流行」を意味します。例えば洋服にも流行があるように、花の世界にも流行をつくりたいという思いから、NFDが代表してトレンド、いわゆる花の流行をつくっています。

Q3. 誰がトレンド決めているの?

いろいろな意見を取り入れるため、花業界以外のメンバーも加えた「花ファッション委員会」で決定しています。

Q4. どうやって決めているの?

色・テーマなど、世界で流行しているものを研究し、そこからフラワーデザインに取り入れやすいものを選び、最終的にトレンドとして決定します。

Q5. 他にどんな活動をしているの?

パンフレットなどの印刷物の発行やフラワーデザイン情報誌「花fashion」誌上、「日本フラワーデザイン大賞」などのイベント会場で、最新のトレンド作品を発表しています。

Q6. トレンドって難しい?

トレンドに正解はありません。色やテーマから自由にトレンドを取り入れて、最新のフラワーデザインを身近に楽しんでください。

One Point Advice

どんなトレンド(流行)も基礎のうえに成り立っています。フラワーデザインの基礎をしっかり踏まえて、より素敵な作品づくりを目指しましょう!

 

「かさね KASANE」

かさね KASANE

日本には古来より、襲(かさね)の文化が息づいています。
それは、色々な色や素材を研ぎ澄まされた美意識をもって構築(かさねる・重ねる)することで生まれます。
大切にされてきたのは、「襲ねる・かさねる・重ねる」ことの感性のあり方と四季折々の演出でした。十二単に始まり現在に繋がる日本の美しい着物の文様と色、墨絵から何重にも色素材を重ねる日本絵の文化、美しい四季を持った日本がその感性を重ねることで作り出してきた「美意識」です。
花ファッショントレンドはこの「襲ね・重ね」の文化を理念として、花を重ねる花ファッショントレンドを創り日本から発信していきたいと考えています。


 

「粋 IKI」

粋

日本人の持つ美意識の中に「粋」という観念があります。江戸後期に生まれた粋は意気にも通じ、
庶民の暮らしの中に、しゃれっ気と色気、意気でいなせな日本人だけの美意識を創りました。
今、花ファッションはこの「粋」を庶民の中の都会的で現代的な上品さ、
しゃれっ気と色気を含んだ「粋」という観念を常に念頭に置きながら花をデザインしていきます。