花ファッションデザイン通信 vol.7

 

  

▶バックナンバー

トレンド要素いっぱいの気になるアイテムや旬な情報を

花ファッションデザインチームメンバーが定期的に紹介していきます!

Vol.7 2014 Autumn

まだまだ残暑が厳しいですが、朝夕はすっかり涼しくなり、秋の気配が感じる季節になりました。

秋と言えば「芸術の秋」ということで神戸市の『神戸ファッション美術館』に行ってきました。
神戸ファッション美術館は、ファッションをテーマにした日本初の美術館です。

 

 

03947

 

外観は、UFOをイメージさせる斬新なデザインで、内部は4層にもなる大規模な美術館施設です。ここでは、ファッションに関することを様々な視点からとらえたユニークな展示を行っています。

002

 

 

 

 

 

 

004

 

 

ミュージアム展示室では、1年を通じて「色」「構造」「素材」「技巧」「服飾史」などに焦点をあてたファッションを学ぶ上での資料を展示しています。

また、期間により企画を変えて行うテーマ展示を見ることができます。

 

 

 

 

003

 

そこで今回は特別展示の、

「世界のファッション」 ―100年前の写真と衣装は語るー を見に行きました。

 

館内は、撮影禁止でしたので内容は紹介できませんが、世界各国の100年前の衣装とともに写真を展示しています。100年前の衣装なのに、驚くほど多様性に満ち溢れていて手が込んでいます。 今試着しても、ため息がでそうなイブニングドレスもありました。

 

 

「いまや世界のどこに行っても目にするのは、似たような装い、似たような生活スタイルだ。 -100年ほど前の世界の服装は驚くほど豊かな多様性に満ちている。」
(引用-『100年前の写真で見る 世界の民族衣装』日経ナショナル ジオグラフィック社刊)

 

 

美術館3階には、ライブラリーもあり国内外のファッション関連の蔵書36,000冊や海外のファッション誌などの閲覧もでき、何かデザインのヒントになりそうなものが・・・

ファッションに興味がある方は、お薦めの美術館です。

WujEOm

 

 

 

花ファッションのことを考えていると、家の近所にこんなかわいい照明を飾ってあるカップケーキのお店が。

 

この照明は、作家さんが和紙を使用し、1点ずつ手作りで、花の形を表現しています。

薔薇・あじさい・ほおずき・森などの名前がついています。

 

照明を見ているとほっこりしますよねー

 

xbUjWSRpn

 

 

 

 

 

 

街で見かけるモノも段々と秋色が多くなってきてました。

皆さんも季節の変わり目に芸術を感じてみませんか。


 

 

 

REPORTER

平野 博美 Hiromi HIRANO

NFD名誉本部講師 兵庫県支部

花ファッションデザインチーム