花ファッションデザイン通信 vol.18

 

 

  

▶バックナンバー

トレンド要素いっぱいの気になるアイテムや旬な情報を

花ファッションデザインチームメンバーが定期的に紹介していきます!

Vol.18 2015 Autumn

 

特別に暑い夏が過ぎ、街のディスプレイも秋の装いとなりましたね。

花ファッション2015秋冬のトレンドカラーは「紅赤」。

 

紅赤とは光の三原色のひとつである赤と絵の具の三原色の紅の中間の色で

わずかに紫みを含んだ鮮やかな赤色のことを指します。

 

今回はフラワーデザイナーがいつもお世話になっている花瓶ガラスの魅力を探しに滋賀県のガラス工房まで取材に出かけてきました。

 

  

ガラスの制作現場です。この工房では外から自由に眺めることができます。

窯の温度は1350度。室内の気温はいったい何度になるのでしょう・・・

 

灼熱の中、二人の連携Playが見事!手早くガラスを仕上げていきます。

 

 

 02 

 

 

 

04

 

 

 

この日の制作は花びん。

15分ほどで完成しました。花瓶や小物など作家さんのアート作品に数多く触れることができました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ガラスの赤は光が加わると明るくなります。

その色はまさに「紅赤」

赤色は、食器やアクセサリーなどで使用されていることが多いように思います。

05 06

 

   

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 0708

 

アクセサリーは秋冬の装いのアクセントにピッタリ!

 

マーガレットのようなかわいいお花のチョーカーも発見。

ガラスならではのミニチュアの世界も。

 

 

 

 

 

 

09場所は変わってとある日・・・

花ファッションデザインチームが集合です。

 

2015秋冬トレンドデザイン、その他デザインチームによる特集、パンフレットなどの撮影が行われました。

10月に発行予定の花ファッション誌にて掲載されます。どうぞお楽しみに。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

   

 

REPORTER

柿本 亜矢
Aya KAKIMOTO

NFD本部講師 岐阜県支部

花ファッションデザインチーム