花ファッションデザイン通信 vol.17

 

 

  

▶バックナンバー

トレンド要素いっぱいの気になるアイテムや旬な情報を

花ファッションデザインチームメンバーが定期的に紹介していきます!

Vol.17 2015 Autumn

 

東北北部の梅雨明けは、平年7月25日頃。
真夏になる8月も、お盆を過ぎると、夜のひんやりした風に
秋の気配を感じることがあります。

そろそろ、花ファッショントレンドも、秋冬のテーマを意識してみましょう。

 

 

 秋冬のトレンドカラーは「紅赤」
紅赤の「紅」の文字は、陽の光の赤い様を表すといわれています。

 

 

   夕日の色                             陽を浴びて育った実物

①夕日 ②実

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

夏のガーデンには、花や葉が強い日差しに輝いています。

  

③バラ ④ユリ ⑤もみじ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

秋冬キーワードは、「躍動する」花・色。

紅赤の色は、そのものが生命の躍動を表す色でもあります。古来より、災厄を防ぐ色としても重視されました。

   

 

東北の短い夏を彩るエネルギッシュな夏祭り。

岩手では、「盛岡さんさ踊り」が開催され、
紅赤色の花笠や太鼓の胴巻き、伝統衣装を纏った人々が躍動します。⑥さんさ

夕刻せまる夏空にのろしが轟き、街に身体に太鼓の音が響き渡ります。

人と人を繋げる「祭り」にもデザインのヒントが見つけられるかも。

  

 

 ⑥さんさ

 

 

  

さんさ踊り会場にほど近い盛岡城跡公園には、淡く紅赤色に染まりはじめたプロペラのようなもみじの種や
ハマナスの実、少なかった雨の影響でしょうか、葉先の紅葉したななかまど。

 

秋の準備は、もう始まっているようです。

 

 

   

 

REPORTER

目時 泰子
Taiko METOKI

NFD本部講師 岩手県支部

花ファッションデザインチーム