花ファッションデザイン通信 vol.11

 

  

▶バックナンバー

トレンド要素いっぱいの気になるアイテムや旬な情報を

花ファッションデザインチームメンバーが定期的に紹介していきます!

Vol.11 2015 Spring

 

1

 

花ファッショントレンド2015のテーマは

「DIALOGUES(ダイアログ)・花と花」です。

 

花と花 花と人 人と人 を繋げるものを求めて、一路 京都の大山崎にある大山崎山荘美術館で開催されている、

「志村ふくみ=源泉をたどる=」展に行って来ました。

 

アサヒビール大山崎山荘美術館は、大正から昭和初期に 実業家 加賀正太郎氏が別荘として自ら設計した山荘で、英国風 チューダー・ゴシック様式の建物です。庭園内の幾つかの建物は登録有形文化財です。

2

 

3

 

現在はアサヒビール大山崎山荘美術館として、利用され、山荘を本館とし、新館として建築家 安藤忠雄氏による「地中の宝石箱」と名付けられた、地中に埋め込まれた近代建築の美術館が繋がっています。その円柱形のギャラリーには、クロード・モネ<睡蓮>が展示されています。

 

隣接する庭園は5,500坪あり、桜や新緑、紅葉等、四季折々の美しさを堪能する事ができます。


4

志村ふくみ=源泉をたどる=展

人間国宝の志村ふくみ氏は、染織作家。

 

染色分野で独自の道を開拓され、90歳の今なお第一線でご活躍されておられます。

今年は60年目を迎えられ、今回のルーツをたどる展覧会を催されていました。

 

館内は撮影禁止でしたので、詳しい内容はご紹介できませんが、

天然のさまざまな草木を用いた自然染料。紅花や、梔子(くちなし)、栗、玉ネギ等を日本古来より受け継がれた技法で染めた紬糸の美しさは圧巻でした。優しい色合いで、絹の光沢と合わさり、こんなに綺麗な色がでるのかと感動しました。

 

その紬糸で、ひと織り、ひと織り、心をこめて手織りされた着物や帯等の作品は、2015春夏のキーワード、「語り合う 花の色」まさに芸術作品でした。作品は自然界の湖や雪、花等をイメージされたものから、源氏物語の一説を表現したものまでさまざまで、中にはビースまで一緒に織り込まれた作品もあり、繊細な色のグラデーションや、幾何学的なデザイン。優しくもモダンなデザインと、世界中の人々を魅了するというのも納得の美しさでした。


5

 

志村ふくみ氏は、「植物の色で動物の糸を鉱物の媒染で定着させる技法は、地球を作る三つの要素から成り立つ。これらは素材としてだけでなく、生命あるものを提供してくれる。

それに対し人は、知性や感性を使って物創りする。美しいものを創るのではなく、心をこめて創られた物が美しくなる。」とおっしゃっています。

 

まさに、フラワーデザインも、植物に向き合う楽しさや大切さを実感しつつ、生命あるものを素材として使うという意味で、同じことが言えるのでは・・・と思いました。

花ファッショントレンド2015の春夏のトレンドカラーの「菜の花色」は、梔子(くちなし)で染められていました。


6

 

素晴らしい作品を堪能した後、大山崎山荘本館の二階のテラスにあるオープンカフェで一息、お茶にしました。

大山崎山荘本館の二階のテラスからは、木津川、宇治川、桂川の三つの川が眼下に広がり、

素晴らしい眺望が楽しめます。

 

そこでも美しい作品に出合いました。

リーガロイヤルホテル京都のパティシエの方が考案した、

志村ふくみ展 限定オリジナルスイーツです。

豊かな色彩を生み出す 志村ふくみ氏の作品世界に想いを得た2種類のケーキ。

 

 

 


7

 

「花と太陽」

紅花をイメージしたスポンジケーキは、トマトパウダーと赤米で色を出し、イチゴやオレンジのクリームで層を重ね、太陽を表す2015トレンドカラーの「菜の花色」のマカロンには金箔と金粉があしらわれています。


8

 

「草木と月」

草木をイメージしたスポンジケーキは、ほうれん草とかぼちゃで色を出し、抹茶や紅イモのクリームで層を重ね、草木を照らす月を表すマカロンには銀箔と銀粉があしらわれています。

 


志村ふくみさんの繊細な色彩の重ねの世界を、節妙な色の層で見事に表現されたケーキは、パティシエさんの志村さんの作品世界への想いが感じられました。食べるのがもったいないほどの美しさ・・・。

どちらのケーキも、甘さ控え目の上品な味で、素材の風味が生きていて、とても美味でした。

 


地球の恵みに感謝し、地球の様々ものの美しさに想いを馳せ、心を込めて作られた作品に感銘し、そこから、また新たな作品が生まれる。日本の伝統文化の素晴らしさを再認識しつつ、 花と花 花と人 人と人 の繋がりを感じた一日でした。

 

志村ふくみ=源泉をたどる=展は、3月15日まで開催されています。

皆さんも素晴らしい世界にお出掛けしてみませんか・・・。

 


b梅澤美貴006

 

REPORTER

梅澤 美貴 

Miki UMEZAWA

NFD本部講師 大阪府支部

花ファッションデザインチーム