花ファッショントレンド


fb-link-s


バックナンバー

 花ファッショントレンド通信 vol.44

 

2017年 テーマ 「自由なアクセント」

      キーワード 「自然界からの創造」

      トレンドカラ―「多色の組み合わせ」


11月。秋から冬へ移り変わる、1年で最も秋を感じる季節です。

戸外は木枯らしが吹いています。カラフルな色使いで暖まりませんか?


 

2017テーマ「自由なアクセント」からの発想で、器に秋色の和紙をちぎり絵のようにちぎって貼る。和紙の色に合わせてアクセントとなる押し花や切り絵、ドライフラワーを張る。和紙の色、アクセントの花に合わせて花を選択する。押し花は私のマイブームです。

 

使用花材&資材
アキイロアジサイ、ダリア、ケイトウ、ヒペリカム、
和紙、押し花、切り絵


 


今秋のトレンドカラー「多色の組み合わせ」を花だけでなく異素材で表現しました。秋の味覚の柿、ゆず、キノコ、カボチャ、、、、と、少しの生花で季節感を演出してみました。
土台は秋色の和紙をランダムにカットして竹の小枝で留め繋ぐことで器になっています。カラフルな野菜や花たちを引き立たせるため、土台はシンプルな色合いで!落葉したツツジの枝を作品の上に掛けることにより、より冬を感じさせてくれます。

使用花材&資材

バラ、モミジヒペリカム、ケイトウ、カキ、ユズ、キノコ、カボチャ

和紙、小竹

 


REPORTER

宮迫 真芳 

Masayoshi MIYASAKO
NFD本部講師 広島県支部

花ファッションデザインチーム