図書紹介 No.61

花の切り絵200(433O-0003024)

 『1年中使えて楽しめる切り絵図案

  花の切り絵200』

 大橋忍/著 日本ヴォーグ社/刊 2016年/発行

 104ページ

 

 シルエットの陰影が美しい切り絵。繊細なレース模様や動物、草花をモチーフにしたものなど図案はさまざまで、立体になる切り絵もあるほど。

 本書は、シロツメクサやミモザ、クリスマスローズなど一輪から楽しめる小さな花から、季節の行事に合わせた花モチーフの飾りもの、リースや花束といった大きめの作品まで、合計200点を紹介した切り絵の図案集です。切り絵に色紙を貼るだけでさらに美しくなる作品は、ついつくりたくなってしまうものばかりです。刺繍やアップリケの図案にもなるので、楽しみ方もいろいろ。基本レッスンやコツが写真とともに解説されていて、はじめての人にもおすすめです。

 中でも花のモチーフは華やかで、気持ちも明るくなります。本書を参考に、自分でデザインしたリースやスワッグ、アレンジメントのデザイン画を図案にして、切り絵に挑戦してみたら新たな発見があるのではないでしょうか。(蔵書番号:0003024)

 

 

 

←前の本へ

<本の虫へ戻る>