図書紹介 No.48

ハンディクラフトのデザイン学(200M-0002985)

 『ハンディクラフトのデザイン学』

 三井秀樹/著

 日本ヴォーグ社/刊 2013年/発行 231ページ

 

 ハンディクラフトといえば、個人で楽しむアクセサリーや刺繍などの手芸が思い浮かびます。しかし、本書でいうハンディクラフトとは、単なる個人的な趣味としての手芸だけではなく、手技による手芸・技芸や工芸全般を指し、アートやデザインの分野も含んでいます。著者によると、本書はハンディクラフトの造形原理と感性を高めるためのトレーニング法をまとめたデザイン学の書、とのこと。この一冊で、手芸のデザイン学や色彩学、造形原理と造形力のトレーニング法など、多くの分野を幅広く学ぶことができます。

 デザイン学はもちろん、本書に書かれている造形理論や色彩はフラワーデザインにも共通すること。じっくりと読み込むことで、また違った視点から表現力をより高められるのでは。また、本書の終わりには紋様をたどった年表があります。縄文時代まで遡り、日本も含め世界各地の紋様などが並べられ、さまざまな文化から生み出された文様や形が時代とともに変遷しながら現代へ受け継がれているように感じられます。

 著者はNFDでも講師として招聘したことのある三井秀樹氏。本書以外にも、NFDライブラリーでは三井氏の著書を所蔵していますので、この機会にぜひあわせて読んでみてください。(蔵書番号:0002985)

 

 

 

 

←前の本へ 次の本へ→

<本の虫へ戻る>