図書紹介 No.26

四季の花 冬之部1(911S1-000868)

 『四季の花(全10冊)』※閲覧のみ

 酒井抱一、鈴木其一、中野其明/著

 芸艸堂/刊 1908年/発行

 

 NFDライブラリーでは、古書に分類される貴重な図書も多く所蔵しています。

 琳派を代表する一人である酒井抱一(さかい ほういつ)、弟子の鈴木其一(すずき きいつ)とその門人であった中野其明(なかの きめい)の描いた「四季の花」もそのひとつ。本書は春之部から冬之部の季節ごとに構成され、それぞれの季節に沿った花が描かれています。

 本書は春が2冊、夏が4冊、秋が3冊、冬が1冊の計10冊。詳しい説明などはなく、目次以外は花の絵のみが描かれた図録です。今回はその中から冬之部を紹介します。写実的に描かれた花や実ものには赤や黄色など本物と同じように鮮やかに色が付けられ、今も昔も同じように四季を感じていたのだと思わせてくれます。印刷は明治42年。白黒写真しかなかったこの時代では、繊細に描かれた絵の方がより実写に近かったのかもしれません。

 「四季の花」だけではなく、今ではほとんど見かけない和綴じの本が多くあり、現代とは異なる本の形態が目新しく映ります。手に入りづらい貴重な図書のため、古書はすべてが閲覧のみとなっていますが、花ファッションハウスへ訪れた際は庭を眺めながらゆったりと読書を楽しんではいかがでしょうか。(蔵書番号:000868)

 

 

 

 

 

←前の本へ 次の本へ→

<本の虫へ戻る>