WAFA(世界フローラルアーティスト協会)

DSC06123

 

 

主催国 アイルランド Ireland

(2011年~2014年)

 

 

 

第11回WAFA世界大会 in アイルランド

 

 2014年6月18日(水)~22日(日)まで、アイルランドの首都ダブリンにて、第11回WAFA世界大会が行われました。NFDからは、4名の理事と出展者、観覧者含め約30名が参加しました。会期中は、少し肌寒いくらいの気候が日本より過ごしやすく、天気が変わりやすいアイルランドの天候に於いて、現地の人が驚く程の晴天に恵まれました。今回のテーマは、「花の冒険旅行」。日本からの出展者には、今回も郵送での参加ができる部門と、花材が現場で支給されるImposed部門が人気を集めていました。日本の名誉展示は、世利靖子理事が担当され、アイルランドの日本大使夫妻がご覧になられました。地元テレビ局でもその様子が取材され放映されました。

honorary exhibition

NFDからは、下記の4名が入賞しました。おめでとうございました!

全体の結果は、第11回WAFA世界大会 inアイルランドの公式ホームページよりご確認いただけます。

 

nominate

Class3   Forgotten Place (部門3 忘れ去られた場所)

Commended (ノミネート)

門脇 真弓 NFD講師(山口県)

DSC05786

 

Class 5 Art of The Celts (部門5 ケルト美術/郵送部門)3rd place

3rd Prize (3位入賞)

丹羽 恵子 NFD本部講師(愛知県)

DSC05757

 

2nd place

 

 Class 7 The Twilight of Earth (部門7 地球の衰退)

 2nd Prize (2位入賞)

 西山 洋子 NFD講師(広島県)

DSC05790

 

3rd place

Class 23a Craft of The Celts (部門23a クラフトオブケルト/郵送部門)

3rd Prize (3位入賞)

角 美保 NFD本部講師(東京都) 

DSC05872

 DSC05856

次のWAFA世界大会2014~2017年の主催国は、カリブ海に浮かぶ島、バルバトス。英連邦王国の1国であり、2011年に世界遺産にも登録された旧市街の「ブリッジタウンとその砦」も見どころです。WAFAに参加できるのは、1カ国で1団体のみ。日本ではNFDがその1団体であり、NFDに入会することで、同時にWAFAの会員となるため、WAFA会員のみが出展できる部門に出展することができます。2017年のWAFA世界大会への皆様のご参加をお待ちしております。

 

wafa  ireland 

 

 

WAFAアイルランドセミナー(2012年5月10日~19日)

WAFAアイルランドセミナー

 

アイルランドは北海道ほどの面積、人口は434万人、そのうち日本人在住は1,000人程度の小さい国です。気候はイギリスとほぼ同じ、6〜7月が1年で一番良い季節、セミナー期間中はやや寒く日本の3〜4月頃の気候でしたが、心配するほどではありませんでした。歴史的には長い間イングランドの征服に苦しみ、現在も北アイルランドはイギリス領です。国レベルでは反英感情が残っているらしいこと、現在ユーロ圏であるが、国の経済情勢はかなり厳しいらしいことを聞いていましたが、セミナーでそれらを感じることはありませんでした。
アイルランドのコミッティは、プレジデントのキティさんを中心にセミナー委員長のメアリさん、他8名の感じのいいメンバーで楽しく意義あるセミナーを企画運営されていました。日本からの参加は11名。イギリスの10名をおさえて一番多く、WAFAでの日本の存在感はしっかりとあるものの、同時に通訳が必要な国は日本だけです。日本のメンバーも会議や審査以外ではそれぞれができるだけ英語を使って交流ができたようで、パーティーや交流会などでは楽しげな様子が伝わってきました。
2014年の世界大会は6月18日(水)〜22日(日)に開催されます。花木も草花も咲き乱れるジューンブライドのステキな季節です。花材は日本にあるものは何でも手に入りそうですし、現地で手伝ってもらえる方も見つかりました。最近は観光地として、アイルランドもクローズアップされてきているようです。今から計画してぜひご参加ください。