第25期(平成27・28年度)三役・部長ご挨拶

河合 透

理事長/河合 透

  今期、公益社団法人日本フラワーデザイナー協会の理事長として選任されました河合透でございます。公益社団法人の役員としてなすべきことは、常に法令遵守に努め、内部統制を強化した組織運営に全力を注ぎ、協会を推進しなければなりません。

 会員と一般の方々が共に花を通じて、花をデザインする楽しさや、花で潤いのある社会を目指せる協会づくりを構築することが望まれます。

 また、花の魅力を伝える社会貢献事業の検討や会員のボランティア活動を広め、社会的な責任が持てるNFDを目指して行きたいと思います。

 理事と会員の力を結集し、共に考え検討した事業を展開し、魅力ある協会づくりを目指してまいります。

 皆さまの温かいご支援、ご協力をお願いいたします。

 


井野口 守政

副理事長兼企画広報催事部長/井野口 守政

 NFDの理事に選出され5期10年を勤め、数々の部を担当して今期は副理事長に任命され、責任の重大さを痛感しています。

 前期からの施策を継承しつつ理事長を支え会員の立場に立ち、そして会員からの声を聞いて新たな気持ちで臨み、対話を持って執行部一丸となり頑張って行くつもりです。

 皆様のご支援とご協力を宜しくお願いいたします。


西村 好正

副理事長兼事業部長/西村 好正

   副理事長として理事長の補佐と共に事業部長を兼務させていただきます。
事業部は、技術研究委員会、花ファッション委員会、公認校講師委員会を統括しております。技術研究委員会では、検定試験以外の技術の研究や、eラーニング、ウエディングのディプロマ事業を行ってまいります。花ファッション委員会では、トレンドをもっと身近に感じてもらえるような展開や広報に勤めてまいります。公認校・講師委員会では、今後の公認校のあり方など、講師委員会では講師として必要な技術、知識の習得のお手伝いをしていきたいと思います。
 皆様との対話を大切にしながら職務を行っていきたいと思います。

 


奥山 幾代子

専務理事/奥山 幾代子

 4期にわたり務められました専務理事の後任として任命されました。体制は変更しながらも常勤理事として誠心誠意全力で取り組みます。

 専務理事として理事長・業務執行理事の業務がスムーズにできますよう、また、スピーディな情報発信、事務局と理事との信頼関係を大事に各々責任ある業務の役割分担・やり甲斐のある仕事の遂行を願いながら新たな二年の船出をいたしました。

 公益社団法人として社会貢献は不可決・大切ですが、会員の皆様あってこそのNFD、唯一無二のデザイナー集団として魅力ある協会づくりに努力いたします。

 


的場 ゆかり

会員組織部長/的場 ゆかり

 会員は全国53の支部に在籍し、1支部の在籍会員数は約50名の支部から多いところでは2,000名以上の支部まで、地域により事情や特性も様々です。全国組織ならではの、各地の特性を充分に発揮できる活発な支部事業を推進します。

 また、会員が支部事業や個々の活動を通じ、フラワーデザイナーとして活躍されることが定款の目的にもあるように、お花の持つ素晴らしさを広く世の中に伝えることになり、豊かで明るい社会作りに貢献できるものと考えます。
 会員相互の繋がりを大切に、支部と本部、会員の皆様との絆を深めてまいります。

 


白石 由紀子

総務部長/白石 由紀子

 平成22年6月に公益社団法人として内閣府より認定され、平成27年に6年目を迎えました。また5月より一般法人法が改正されたことで一層、法令遵守が求められています。

 その中で総務部は今年度の事業計画(第53回定時総会資料書)でお示しをいたしましたように会員サービスの充実を図り、迅速な情報公開等々、会員の皆様と共に職員、役員が一丸となり、より良いNFDを目指し努力いたしてまいります。

 ご協力を賜りますように何卒よろしくお願い申し上げます。


西村 孝子

財務部長/西村 孝子

 財務部長及び助成運営委員として助成運営委員会を担当させて頂きます。

 財務部では理事長方針である中長期の財務計画を考え、長年問題となっている月次報告によるタイムリーな財務管理を行い、予算管理、会計規程の見直し等を実施し、財務部としての業務、助成運営委員会 “NFD one leaf fund” の運営を担当させていただきます。

 組織の一員として全力で取り組んで行きたいと考えております。

 


米川 慶子

技術部長/米川 慶子

 今期技術部を担当させて頂くことになりました。
 フラワーデザイナー資格検定試験の価値の向上を目指し、試験結果の公開に向けて検討をしてまいります。また、時代の変革に伴い、受験しやすい試験制度の考察に着手したいと考えております。

 NFDの根幹である大切な技術部を預かることになりましたので、精一杯務めさせていただく覚悟でございます。今後とも皆様のご協力をよろしくお願い申し上げます。